自然環境と人の暮らしの架け橋になりたい

社名のエコモスとは、ecology+most(manyの最上級)の合成語です。
「自然の恵みを最大限に引き出し、消費者に多種多様な提案を行う。」という意味を込めました。
また、「モースト」は、ロシア語の「架け橋」を意味する「moct」と同音で、
「自然環境と人の暮らしの架け橋になりたい」という企業理念も託されています。

弊社のある山梨県笛吹市御坂町黒駒地区は、春になると桃の花が咲き乱れピンクの絨毯が広がる桃源郷の街です。
しかしながら近年、農業の後継者不足、高齢化、それに伴う耕作放棄地の増加といった課題が地域にはあります。
そういった課題はまた、この地域に限らず山梨県内、そして日本全国にみられる課題でもあります。
その課題を、地域内企業がこれまで培ってきたリサイクル技術を活かした新品種の栽培や
農業の六次産業化へのチャレンジで、地域の皆さんと共に乗り越えていきたい。
農業を核とした総合的な循環型社会の構築通じて、地域の未来から日本の未来を見据え、
これからも私たちは挑戦してまいります。

私たちのミッション

1. 活動を行うことで、より身近に感じてもらうとともに相互の連携を図っていきます。
2. 活動を行う人や団体との連携を通して、より広範囲なネットワークを構築します。

ごあいさつ 代表取締役社長 岡 一

私たち農業生産法人株式会社エコモスでは、主に農産物の生産・販売、農産物の加工食品の販売や堆肥の販売をおこなっております。
地域内企業のリサイクルプラントで作られる木質チップを良質な堆肥や、ハウス内を温めるバイオマスボイラーの燃料として活用するなど、社名にも込められた弊社の理念「自然環境と人の暮らしの架け橋になりたい」という想いと共に、自然の恵みを最大限に引き出した多種多様な提案で、農業従事者はもちろん、消費者の皆様からも喜んでいただけるような農業を目指しております。
これからも私たちは、培ってきたリサイクル技術と農業の六次産業化を核とした循環型社会の構築で、地域社会と共に未来の礎を築いてまいります。

事業内容

  • マンゴー・パパイヤの試験栽培

    山梨県と連携し、耕作放棄地を活用しながらマンゴー・パパイヤの試験栽培を行っています。後藤山梨県知事も視察に訪れマンゴーを試食しました。

    さらに詳しく
  • 堆肥の販売

    植栽剪定枝や間伐材などを木質チップ化したものを使用し、撹拌、熟成を繰り返すことで、土壌にやさしく安心して使用できる堆肥になります。

    さらに詳しく
  • 桃、ぶどうの販売

    最上級のもののみを厳選し販売しております。是非ご賞味ください。

  • シンビジウムの販売

    シンビジウムの栽培農家と連携して、一つひとつの花に時間をかけ、愛情を込めて育てています。ギフトを送られる方の思いが花を伝って相手の心に響くことを願っています。

地域貢献活動

エコモスのある山梨県笛吹市御坂町黒駒地区の課題解決の一環として、
地元の活性化につながるイベントや教育事業など
未来につながるさまざまな活動に地域の皆さんと共に取り組んでいます。

  • イベントへの参加

    「桃の花祭り」など各種イベントに参加し、地元地域と共に活動しています。

    さらに詳しく
  • 黒駒勝蔵

    地域の歴史を発信する活動として、地域の名士「黒駒勝蔵」の紙芝居づくりに参加しています。

    さらに詳しく
  • ひみね地域活性化推進協議会

    地域活性化の拠点づくりを積極的に進めています。

会社概要

会社名 農業生産法人株式会社エコモス
所在地 〒406-0813
山梨県笛吹市御坂町上黒駒1288
電話番号 055-264-1818
FAX番号 055-264-1828
代表取締役社長 岡 一(おか はじめ)
事業内容 農産物の生産・販売、農産物の加工食品の販売、堆肥の販売
地域活動協力企業 鈴健興業 株式会社

お問い合わせ